受付
時間
午前   8:30~11:30 (診療時間   9:00~12:30 )
午後 13:30~17:30 (診療時間 14:00~18:00 )
休診 木・土曜日午後・日曜・祝祭

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

  • 電話
  • メニュー

レントゲンに頼りすぎないエコー診断

レントゲンに頼りすぎないエコー診断

整形外科 池間 康成

エコー診断

整形外科といえば、まずはレントゲン(X線検査)をイメージする方が多いのではないでしょうか。
長い間、画像診断のレントゲンが常識でした。しかし、レントゲン写真では骨しかみえません。
骨に異常がないから大丈夫というのは過去の話で、痛みの原因は骨以外にもあり、それをエコー(超音波)ではみることができます。

レントゲンとMRI
1895年ウィルヘルム・レントゲン(ドイツ)の発見したX線が、医療界に革命を起こします。体の中がみえる、わからなかった病変がみつかる、新たな治療法が次々に生まれ医学が飛躍的に進歩していきます。
診断に欠かせないツールとなったレントゲン(X線検査)は、今や世界中の病院やクリニックでも簡単に受けることができ、今ではレントゲンが常識になっています。しかしながら見方をかえれば当時は『レントゲンしかなかった』とも言えます。
その後MRI(核磁気共鳴画像)の発明により骨以外の組織(脊髄、靭帯、筋肉、軟骨など)がみえるようになり、日本でも多く普及され、日常的に検査ができるようになりました。しかしながらMRIは撮像に時間・費用がかかり、妊婦さんや心臓ペースメーカーがあると検査できないなどの制限があります。一方エコーではほとんど制限はありません。

整形外科でエコーが使える

エコー診断

これまでは整形外科で扱う筋肉などの皮下組織など整形外科で扱う浅い部分の画質が悪すぎて、ほとんどの臨床現場では使われませんでした。ところが高周波リニアプローブの開発、装置のフルデジタルが進み、2000年をすぎた頃から徐々に「整形外科でエコーが使える」とういう認識が広がり始めました。

ページトップへ

ページトップへ

〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜2-23-5
TEL 098-898-2111 FAX 098-897-9356

受付時間
午前:  8:30~11:30
午後:13:30~17:30

休診日:木・土曜日午後・日曜・祝祭日