感染症対策指針

感染症対策指針

院内感染対策指針
この指針は、院内感染の防止また発生の際の速やかな原因の特定・制圧など拡大防止のための適切な対応を確立し、当院の理念に沿った医療の提供を目的とする。
院内感染対策に関する基本的な考え方
 院内感染対策は、「スタンダードプリコーション=標準予防策」の実践を基本とし、特定の感染経路がある疾患に対しては、同時に感染経路別予防策を実施する。院内感染が発生した場合速やかな情報の収集と対応を行い、問題点の解析・評価を行い感染対策の改善を行う。また、職員に対しては、定期的な教育を行うことも必要である。
 当院では、院内感染防止対策委員会が中心となり院内感染防止対策活動の必要性・重要性を全職員に周知徹底し、感染対策を共通の課題として取り組んでいく。
委員会・組織に関する基本事項
 院内感染対策に対する決定機関として、「院内感染防止対策委員会」を設置し、診療部の医師を委員長とし、病院長・看護部長・薬局長・検査室長・事務長で構成する。委員会は毎月第3月曜日に開催される。また必要な場合は臨時委員会が開催される。
 院内感染対策に関する実働部隊として「院内感染防止対策部会」を設置し、メンバーは、医師・各病棟看護師・外来看護師・薬剤師・検査技師・放射線技師・理学療法士で構成する。部会は毎月第1月曜日に開催される。
従事者研修に関する基本方針
 院内感染対策に関する意識の向上と知識習得を図るため、全職員を対象とした感染対策に関する研修を年2回開催します。また必要に応じて部署単位で開催する。
 院外の感染対策を目的とした学会・研修会・講習会の開催情報を広く告知し、参加希望者の支援を行う。
院内感染発生時の対応に関する基本方針
 院内感染が発生した場合、発生部署長は速やかに感染防止対策委員会または感染防止対策部会事務局に報告する。委員会・部会・発生部署は連携を密にし、初期対応、発生原因の究明、感染拡大防止の対策を立案し、実施する。
 届出義務のある感染症が発生した場合には、感染症法に準じて行政機関への届出を行う。
感染症発生状況報告に関する基本方針
 週1回微生物の発生状況を把握し、必要時各部署へ院内メールにて情報発信・共有し院内感染の発生及び蔓延の防止を図る。院内感染防止対策委員会や院内感染防止対策部会でまとめた情報は、スタッフ連絡協議会にて報告し職員への周知を行う。
本指針の閲覧に関する基本方針
 本指針は、院内およびホームページに開示し、全職員および一般の方が閲覧できるようにする。
その他院内感染対策の推進に関する基本方針
 感染防止対策マニュアルは、院内メールで配信すると共に各部署に1冊配布し、最新の情報が掲載されるよう定期的な改訂を行い、職員はマニュアルに基づいた感染対策を行う。
 感染防止対策委員会による定期的な院内ラウンドを行い、感染対策に関する問題点の把握、改善を行う。

2015年1月作成

アクセスマップを見る

医療法人 球陽会
海邦病院

〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜2-23-5TEL 098-898-2111FAX 098-897-9356

診療時間 午前:9:00~12:30(受付時間 8:30~11:30) 午後:14:00~18:00(受付時間 13:30~17:30)

休診日:木・土曜日午後・日曜・祝祭日

ページトップへ

ページトップへ

〒901-2224 沖縄県宜野湾市真志喜2-23-5
TEL 098-898-2111 FAX 098-897-9356

診療時間
午前:9:00~12:30(受付時間 8:30~11:30)
午後:14:00~18:00(受付時間 13:30~17:30)

休診日:木・土曜日午後・日曜・祝祭日